何気ない自然の美しさと生活のひとこまを、ま~ったりと愛でるブログ

東京都足立区キリスト教の教会Sail of the Lord Church (セイルオブザロードチャーチ) に通うクリスチャンホームのお父さんです。神様がお創りになった美しく素敵な自然と生活のひとコマを、まったり愛でるブログです(^^)/

限りあるいのちを、精一杯・・・

こんにちは! 月村です。

お久しぶりですね。皆さま、お元気でしたか?

 

今日は、少し、むかしのお話をします。

といっても、ほんのひと時の想い出です。

 

その日、私は、

イベント会場の案内スタッフをしていました。

建物の玄関に立って、

お客様をご誘導するだけの、

簡単なお仕事でした。

透明なガラスの自動ドアが開閉して、

入って来られたお客様に、

笑顔でご挨拶をしながら、

階上のホールにご案内します。

 

イベントがスタートして、

お客様の足は途絶えましたが、

後から来られる方が気まずい思いをしないように、

誰も来ない玄関ホールで立ち続けていました。

 

ふと、自動ドアの戸袋(引き込み部分)に目をやると、

何かが目に留まりました。

普通は見えない戸袋も、全面透明ガラスの構造上、

透けて見えるわけです。

 

近づいて見てみたら、

小さな、透き通った虫でした。

いや、こんな小さな虫、よく見えたなというくらい、

小さくて、儚げな姿をしていました。

 

これはたしか・・・そう!

ウスバカゲロウじゃないかな?!

f:id:sail-t:20200712134800j:plain

もう少し黄緑がかっていたような気がしますが、

こんな感じでした。

 

なんというか、

儚げなその姿が、

私に流れる日本人の感性に、

侘びサビの琴線に、触れたみたいで、

ついつい、見惚れていました。

 

ん?? いや、まて!

ウスバカゲロウって、

ものすごく寿命が短くない?

たしか1日だったような・・・

 

いや、それなら、

こんなところにおってええんか?!

メス見つけて、

子孫を残さなあかんのやろ?

(オスだったかどうかは・・・笑)

 

私はあわてて、

この子を戸袋から出してやろうとし始めました。

 

自動ドアを開けたり閉めたり、

ガラスごしに指を近づけて威嚇したり、

戸袋に手を突っ込もうとしたり・・・

しまいには、庭木の枝を拾ってきて、

戸の隙間に突っ込んでみたりもしました。

 

しかし・・・

この子は、出て来ようとしないのです。

突然、平安な日常を脅かされたと思ったか、

逃げ惑うばかりです。

もう少しで外に出られる!

というところまで来ても、

直ぐに奥に逃げて行ってしまうのです。

 

いや、お前、

そこにいたら、面白くないだろ?

楽しみもないだろ?

素敵な出会いもないんだぞ?

怖がらないで、

出てこいよ!

外の世界はいいぞ?

ちょっとだけ、俺を信じてみろよ!

 

ああ、言葉が通じたら、

想いが通じたら、

きっとためらうこともないだろうに。

喜んで、

感謝して、

私の差し出す手を取るだろうに。

 

そんなウスバカゲロウの姿を見て、

私は思いました。

 

私も同じだ。

全知全能な神様の前で、

私も、同じことをしているのだ。

 

そちらに行けば、苦労の道、茨の道だ。

こちらに行きなさい。

この道こそが、成功の道、楽な道だ。

このように生きることが、

人として、甲斐の道だ。

その言葉を聞いても悟れず、

自分の考えにおぼれ、

自分中心の道に行き、

たった100年の人生を、

永遠から見れば一瞬に等しい肉の人生を、

無駄に生きてしまうのです。

 

どれくらい、もどかしいでしょうか。

どれくらい、かわいそうでしょうか。

どれくらい、くやしいでしょうか。

 

だから、神様は、

人間と言葉が通じる、

人間のからだを持ったメシアを送って、

その想いを御言葉として、

伝えて下さるのですね。

たった100年を、

無駄に生きないように。

甲斐のある人生になるように。

 

 

⁂ ⁂ ⁂ ⁂ ⁂

 

悪戦苦闘した結果、

なんとか、その子を外に出してあげることができました。

 

「ありがとう!」

 

そんな言葉を残してくれたかどうかは・・・苦笑

でも、

すごく、うれしくなりました。

短い人生を、

精一杯、

生きてほしい!

心の中で、

小さく、応援しました。

 

今も、なお、胸に生き続ける、

若かりし頃の思い出です。

 

甲斐のある人生にするために、

自分の考えにこだわらないように、

今日も、御言葉に耳を傾けます。

 

神様の想いを、

しっかりと受け止められるように・・・

f:id:sail-t:20200712172309j:plain

 

 

⁂ ⁂ ⁂ ⁂ ⁂

 

今日、調べて知りましたが、

寿命が1日なのはカゲロウでした。

儚いいのちの象徴となっているのは、

こちらのカゲロウの方ですね。

幼虫は水生でヤゴっぽいとか。

成虫は口がなく、エサも食べないそうです。

 

ウスバカゲロウは、

実は数週間、生きるそうです。

幼虫のアリ地獄の方が有名ですね。

 

ちょっと勘違いしていましたが、

数週間でも、

人間と比べれば、

やっぱり、短い人生にかわりありません。

 

あ、人生じゃなくて、

虫生かな(^^)

 

f:id:sail-t:20200712153200j:plain

 

とっておきの、白無垢姿

おはようございます! 月村です。

やっとプロ野球が開幕して、なぜかブログの更新が滞りがちに・・・(笑)

 

さてさて、今日は、

とっておきの写真をお披露目したいと思います。

少し前の写真なので、

もう旬は過ぎてしまっていると思いますが・・・

f:id:sail-t:20200625133429j:plain

 

私の職場の近くにある、

秘密の花園スポットに咲く、白い紫陽花!!

 

と言っても、

公園の花壇とか、

きちんとしたところではなくて、

ディスカウントショップに向かう裏道、

細い路地裏の道端に咲いている花たちです。

 

季節になると、必ず見に行きますが、

毎年変わらず、

素敵な白無垢の姿を魅せてくれます。

f:id:sail-t:20200625130624j:plain

 

 

紫陽花といえば低木のイメージですが、

このスポットでは、

私の身長より高いくらい伸びて、

たくさんの花をつけているものもあります。

f:id:sail-t:20200625133328j:plain

ピンと背筋を伸ばして、

まるでモデルさんみたいですよね。

 

⁂ ⁂ ⁂ ⁂ ⁂

 

初めて、

この白い紫陽花たちを見た瞬間、

電撃に撃たれたように、

ノックアウトされました(笑)

f:id:sail-t:20200625133408j:plain

 

満開の装飾花が、

まぶしいくらい、

純白に、

たわわに、

蠱惑的に、

私を誘惑していたからです。

 

言葉が出ませんでした。

「美しい」などという表現では、

あまりにもありきたり過ぎて・・・

 

そう、たとえるなら・・・

 

結婚式の主役、

純白のウェディングドレスに身を包んだ、

美しい花嫁を目の当たりにして、

フリーズしてしまった新郎のように・・

 

はたまた、

 

ゴージャスな白いドレスで着飾った、

清楚で、気高い王妃の美しさに、

改めて魅了された王のように・・・

 

私は、しばし、呆然と、

その場に立ち尽くしていました。

 

 

 

 

 

ああ、

神様は、

どうして、こんなにも、

美しい万物を、

創造されたのでしょう!

 

どうして、

気高く、高貴な、その姿が、

こんなにも、

魅了してやまないのでしょう!

 

ああ、

それは、きっと、

間違いなく、

神様の愛です!

私に向かう、

神様の愛です!

 

こんなにも美しい万物を、

本当に、本当に、

ありがとうございます!

 

 

しかし、あなたがたに言うが、栄華をきわめた時のソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。 きょうは生えていて、あすは炉に投げ入れられる野の草でさえ、神はこのように装って下さるのなら、あなたがたに、それ以上よくしてくださらないはずがあろうか。(マタイによる福音書第6章29ー30節)

伝えたい、想い。

おはようございます!月村です。

今日は肌寒いくらいですね。

 

一昨日の父の日、皆さまはどのようにお過ごしでしょうか?

私は、突然思い立って、車で1時間あまりかかる実家を訪問しました。

 

目的は、父の日のプレゼントを渡すためです。

プレゼントの中身は、Androidタブレットです!

 

いや、実は・・・

何ヶ月も前から買って準備していたのですよ?

大きなアイコンで操作しやすいように仕込んだり・・・

f:id:sail-t:20200623081927j:plain

いろいろ設定とか、wifiルーターとか・・・

で、気づいたら、

 

「あれ??今日、父の日じゃん?!」

 

さすがに、このタイミングを逃すと、

渡すのがいつになるか分かりません。

というか、渡す口実がなくなってしまいます。

 

やるときに、やっておかないと、

後からはもっとできなくなりそうで・・・

思い立って、行くことにしたのです。

 

私から、これくらい高価なプレゼントをするのは初めてかも。

それくらい、私は家族に関心が薄かったのです。

 

でも、間違いなく、その日、その時は近づいています。

それを実感し始めた時から、考えが変わりました。

 

コロナ禍で亡くなった方の中には、

実は感染していた子供の帰省で、親が感染してしまい、

高齢者ゆえの重症化してそのまま・・・

そんなケースが多かったと聞きました。

 

だから、恒例行事だったGWの帰省もとりやめました。

家族も多いし、だれが罹っていてもおかしくない。

父母の年齢を考えれば、感染は間違いなく死に繋がります。

1日くらいは大丈夫、とは思えなかったのです。

 

会えなくなって考えました。

もし、知らないところで父母が感染してしまったら・・・

お見舞いにも行けないと聞きましたから、

二度と会えないまま、永遠の別離となるのです。

 

私は、18歳で家を出てしまい、

その後、再び一緒に暮らすことはありませんでした。

1年のうち、何回かの帰省。

その時だけの交流です。

本当に、関心が薄かったのです。

 

私は、本当に、親孝行ってしたことないな。

そう気づきました。

父母は、いまもなお、

いろいろなものを送ってくれたり、

孫の節目には、お祝いを送ってくれたり、

息子への愛を注いでくれているのに。

 

値段がどうとかいうことではなく、

最後の時を、

失われた絆をつなぎ直し、

本当の心の交流をする時間にしたい。

遅すぎるけれど、

あまりにも、遅すぎるけれど、

少しでも、

少しでも家族としての時間を、

過ごしたい。

 

あなたの息子でよかった。

あなたを心から愛している。

 

とても言葉にはできないけれど、

それでも、伝えたい。

 

そう思って、

いろいろ考えて、

タブレットを贈ることにしたのです。

 

テレビ電話が使えるかなあ??

メカに強い父ですが、

さすがに卒寿を前にして、

頑張ってくれるか心配ですが、

何度も行って、

対話しながら、

使い方を教えられたら、

それはそれでいいかな。

 

渡す時に、なんといわれるか不安でしたが、

「そんなの使えないよ」

と言いながら、うれしそうでした。

今はやりの、ツンデレですね(笑)

 

母に嫉妬されるか不安でしたが(笑)

「楽しみができてよかったわね」

と、意外にもうれしそうでした。

 

家族の顔に、

温かいものが流れた・・・気がしました。

贈ってよかったです。

 

放蕩息子だった私の想い、

伝わったかな。

伝わるかな。

伝わると、いいな。

f:id:sail-t:20200623081734j:plain

 

立って、父のところへ帰って、こう言おう、父よ、わたしは天に対しても、あなたにむかっても、罪を犯しました。 もう、あなたのむすこと呼ばれる資格はありません。どうぞ、雇人のひとり同様にしてください』。 そこで立って、父のところへ出かけた。まだ遠く離れていたのに、父は彼をみとめ、哀れに思って走り寄り、その首をだいて接吻した。(ルカによる福音書第15章18-20節)

 

梅シロップを作りました❗ 最終話「梅シロップが完成しました!😃」

おはようございます! 月村です。

梅シロップづくりの、最後の仕上げの様子を公開します!

 

 

念のため、ほりぐち農園さんのホームページによると・・・

www.ume-nouka.jp

 

15分ほど、火を入れるようなのですが、

その前に、目の細かい布で濾すそうです。

きれいな目の細かい布って・・・ないかな??

 

それで、三角コーナー用のネットを代用することに。

目が細かいし、使い捨てだからちょうどいいかなと。

f:id:sail-t:20200620201936j:plain

一応、熱湯につけて殺菌処理をしておきました。

でも・・・考えてみたら、

目の細かい布に比べたら、めちゃくちゃ粗かったんじゃ・・・??

 

う~~ん、打つ手打つ手が裏目に出ているような。

いや、初めてだから、仕方ない!(笑)

かくして、裏漉しした梅シロップは、

無事、鍋に移されました。

f:id:sail-t:20200620201932j:plain

弱火で15分間くらい、火にかけるとのこと。

f:id:sail-t:20200620201927j:plain

f:id:sail-t:20200620201923j:plain

沸騰しないように気を付けながら、

あくを取っていくとのこと・・・

 

・・・

・・・

・・・

 

あれ?

15分たったけど、

あくも浮かんでこないし、

沸騰する気配もない・・・

 

怖くなったので、

温度を計ってみました。

f:id:sail-t:20200620201918j:plain

75℃・・・

温度が上がり切っていないような・・・

 

これ、厚い鍋を使ったからじゃないかな??

鍋が熱せられるのに、えらく時間がかかったのかも。

 

終盤で、次々に悪手を放つ

詰めの甘い将棋指しのようです・・・とほほ

 

こうなったら、あくが浮いてくるまで待つ!!

沸騰しそうになるまで待つ!!

 

そうやって待ちに待っていると、

ようやく、あくが浮き始めました。

ところが、あくすくいがありません。

仕方なく、お玉を使いますが・・・

f:id:sail-t:20200620201914j:plain

あくをすくうたびに、梅シロップも入ってしまって、

捨てるのがもったいない・・・

 

雑な性格の私ですが、

こういう時は、なぜか律儀に、

やりすぎるくらいやってしまいます。

あくをすくいながら、

半分くらい捨ててしまいかねないと、

自分で自分が怖くなりまして、

ある程度すくったところで、

切り上げることにしました。

 

・・・何のために、あくが浮くのを待ったんだろう?

・・・もはや、ネタでしかないですね・・・

・・・まあ、初めてだから!(笑)

 

火を止めて、冷めるのを待ちます。

しばらくして、

 

「このまま熱が下がるまで放置していいのか?」

 

と不安になり、

ええいままよ!と、

冷蔵庫に入れてしまいました(笑)

f:id:sail-t:20200620202020j:plain

後で、妻から、

あら熱を取ってから入れようね~♪」

とたしなめられたのは、お約束でした・・・汗

 

その夜、熱々の鍋もキンキンに冷えたことを確認し、

保管用の瓶などに移しました。

ついに!完成です!

f:id:sail-t:20200620202016j:plain

感動的です!ついにやりました!

 

数々の失敗を乗り越えて、

あまりスマートとは言えないとしても、

なんだか、もう、飲むのが勿体ないくらい、

美しくて、愛おしく感じます!!

泣けます!

 

もう、今日(6月18日)は、

 

「梅シロップ記念日」にしてしまおう!

 

というくらい、満足感に浸りました。

 

 

ああ、

だから、神様は、

天地創造を終えられた後、

第7日を祝し、

安息日として、

人間たちに、

日々の働きを休んで、

共に祝う日とされたのだなあ。

 

なんて、思いました。

 

f:id:sail-t:20200620202012j:plain

冷蔵庫に保管して。

 

ああ、やっぱり、

飲むのがもったいないなあ・・・

 

と、思っていたら・・・

 

 

f:id:sail-t:20200620202003j:plain

長男くんがやってきて、早速サイダー割に・・・

 

f:id:sail-t:20200620202007j:plain

次女ちゃんもやってきて、

いそいそとかき氷を作って・・・

f:id:sail-t:20200620201959j:plain

美味しくいただいてました。

 

ああ、

これ、

アッという間に、

なくなりそう・・・

 

でも、

創ったからには、

使ってこそ、

食べてこそ、

その恩恵を

享受できるんですものね。

 

これが、正しい姿なのでしょう。

 

 

 

・・・なくなる前に、

私も、いただかなくちゃ!😃

 

 

 

 

ということで、

「梅シロップを作りましょう!」シリーズは、

大団円となりました!

最後までお付き合い、

ありがとうございました!

 

 

f:id:sail-t:20200601122501j:plain

92粒の梅の実から2.4kgの梅シロップができました!



 

梅シロップを作りました❗ 第8話「シロップ漬けの梅ができたー!😃」

こんばんは! 月村です。

一昨日、ついに! 梅シロップが完成しました!

 

規定の2週間が過ぎた17日は、

大事なことを先送りする悪い癖が出てしまいました。

明けて18日(木)の朝、

在宅勤務が始まる1時間前、

急に思い立って、最後の仕上げを始めました。

こういうことは、勢いが大事ですからね(^_-)-☆

 

念のため、ほりぐち農園さんのホームページを確認しました。

www.ume-nouka.jp

そこで、とんでもない文言を目にします。

 

「1週間から10日で出来上がりです。

 保存料、添加物なしの梅シロップです。

 やはり、生の梅は腐ってきます。

 10日目頃までには、シロップから梅の実を取り除いてくださいね。」

 

その瞬間・・・私の顔は・・・

f:id:sail-t:20200620203947j:plain

 

いったい、どうして、

2週間だと思い込んだのでしょう・・・

デッドラインを5日もオーバーしていたなんて・・・😢

 

でも。

最初ですからね。

何事も、失敗はつきものです。

私は、気を取り直して、

最後の仕上げをすることにしました。

 

まず、梅の実を取り出しました。

f:id:sail-t:20200620201833j:plain

45個の梅の実を入れた瓶は、

口が小さかったので、

ミニトングを使って取り出しました。

f:id:sail-t:20200620201954j:plain

私が楽しみにしていた、シロップ漬けの梅の実です!

思っていたよりしわしわになってしまいましたが、

感慨深いです!

 

f:id:sail-t:20200620201949j:plain

47個の梅の実を入れた瓶は、

口が大きかったので、てぼを使えました。

こっちの方が楽ですね。

 

f:id:sail-t:20200620201945j:plain

全てのシロップ漬けの梅の実を引き上げました。

タッパに入れて、大切に冷蔵庫に保管しました。

f:id:sail-t:20200620201940j:plain

ああ、もう満足です!

ここまででも、私の目的は達成です・・・

 

え?

あ、でも、やっぱり、

最後までやらなければ、ですよね。

では・・・

 

 

やっぱり、続きは明日、ということにします!

お楽しみに!

f:id:sail-t:20200620215301j:plain

梅の実、おいし~~!😃



愛のあかし

おはようございます!月村です。

爽やかな朝ですね!・・・今のところは、ですが(笑)

 

もう梅雨が明けたのか?・・・はやッ?!

と、ツッコミを入れたくなる今日この頃ですね。

 

一昨日、私の住む地域では33度だったそうです。

昨日も、31度。今日の予報も、30度・・・

夏さん、迷子になりました? ここに来るのはまだ早いですよ?(笑)

でも、週の後半は梅雨空が戻ってくるそうです。

目まぐるしく変わる天候・気候で体調を崩さないように。

皆さま、ご自愛くださいね。

 

さてさて、月曜日は週一の出勤日でした。

いつものお肉屋さんにお弁当を買いに行くと、

もう・・・すごかったです。

 

f:id:sail-t:20200617065643j:plain

交差点の植え込みにひっそりと。

 

f:id:sail-t:20200617065118j:plain

 

f:id:sail-t:20200617065726j:plain

まだ、つつじも咲いているんですね。

 

f:id:sail-t:20200617065130j:plain

 

f:id:sail-t:20200617065141j:plain

 

「わたし、見て!」

「わたしも、見て!」

「わたしも!!」

「わたしも!!」

 

あっちこっちから、大合唱。

 

目を向けると、

本当にうれしそうな顔を向けてくれるから、

ついつい、

カメラを向けたくなってしまいます。

 

f:id:sail-t:20200617065141j:plain

撮影した写真が多すぎて、

f:id:sail-t:20200617065207j:plain

何を掲載しようか迷ってしまいます。

f:id:sail-t:20200617065222j:plain

華やかなテッポウユリも、

f:id:sail-t:20200617065233j:plain

慎ましく咲くきゅうりの花も、

 

みんな、それぞれに個性的で、

それぞれに、美しいです。

 

f:id:sail-t:20200617065244j:plain

 

 

こんなにも美しい、

この、日本という国の自然。

こんなにも美しい、

この、地球という、いのちの星。

こんなにも美しい、

神様がお創りになった万物。

こんなにも美しい、

一つひとつの小さな花たち。

 

こんなにも、

こんなにも美しく、

創造されたのだから、

この一つひとつは、

間違いなく、

創造主の

「愛」です。

 

ああ、

ありがとうございます!

ステキな花を、

ステキな愛を、

本当に、

本当に、

ありがとうございます!!

f:id:sail-t:20200617064919j:plain

 

神は愛である。愛のうちにいる者は、神におり、神も彼にいます。(ヨハネの第一の手紙第4章16節)

梅シロップその後・・・

こんにちは!月村です。

梅雨の晴れ間というには・・・昨日も今日も暑いですね!

 

さて、皆さまに応援頂いて、

無事漬けこみに成功しました梅シロップ、

その後、一体どうなっていることでしょう・・・?

 

飽きっぽく忘れっぽい私にとって、

1日1回のフリフリというミッションは、

あまりにも過酷な条件です(笑)

不安しかありませんでしたが・・・

 

f:id:sail-t:20200616123447j:plain

6月6日夜  フリフリ3日目

 

f:id:sail-t:20200616124234j:plain

6月7日夜  フリフリ4日目

 

f:id:sail-t:20200616124351j:plain

6月9日朝  フリフリ6日目

 前夜、忘れて寝てしまったみたいです・・・反省

 あれれ?? 梅たちが、う、浮いてきた??

 

f:id:sail-t:20200616124543j:plain

6月10日夜  フリフリ7日目

 まだたくさん氷砂糖が沈殿していますね。

 こんな調子で全部溶けきるのかなぁ??

 

f:id:sail-t:20200616124656j:plain

6月11日夜  フリフリ8日目

 

f:id:sail-t:20200616125009j:plain

6月13日夜  フリフリ10日目

 完全に1日抜けてました😢 ごめんね梅たち・・・

 いや、ここまで24時間抜けたのは2回だけとは上出来!

 気を取り直して最後まで!

  

f:id:sail-t:20200616125726j:plain

6月15日朝  フリフリ12日目

 またしても・・・ 寝落ちして日付が飛びました😢

 ここにきて、少し気が抜けてしまっているのかもしれません。

 最後までの精神で頑張ります!

 というか・・・いつの間にか、氷砂糖が溶けてる!

 

f:id:sail-t:20200616130010j:plain

6月16日(本日)昼  フリフリ13日目

 そして、先ほど撮ったばかりのホカホカ映像です!

 在宅のお昼休憩に撮りました!

 

と、いうことで、

何とか、ミッションをこなしてきて、

そろそろ、最後の仕上げというところまで来ました。

手前みそながら・・・自分、頑張ってるな!

と、誰も褒めてくれないので、

自分で自分を褒めてみたりしています。

 

それにしても、

造る作業って、本当に楽しいですね。

その過程で、

苦労があるとしても、

ちょっと面倒だったりしても、

できあがっていく変化がうれしく、

そして、愛おしいものですね。

 

あの天の神様も、

この地上を、

そのように、

お創りになったのでしょうか。

創られていく姿。

変化していく姿。

その過程に喜びがあり、

そして、完成した時の喜びは、

格別なものだったことでしょうね!

 

神が造ったすべての物を見られたところ、それは、はなはだ良かった。夕となり、また朝となった。第六日である。(創世記第1章31節)

 

私たちの人生も、また、

日々、完成に向けて、

創られ、変化しているのでしょう。

 

神様から「はなはだ良かった」と言われるように、

ステキに変化したい!なんて思う、今日この頃です。